YHKMAC.Michimo's Home 本文へジャンプ
ダイアリー
 2011.12.13    高尾山
 2011.11.28    裏妙義
 2011.11.21    二子山
 2011.11.15    大山
 2011.11.01    瑞牆山
 2011.10.27    大山
 2011.10.18    白毛門
 2011.09.11    武尊山
 2011.08.30    高尾山
 2011.08.19    斑尾山
 2011.05.08    石割山
 2011.04.12    高尾山
 2011.02.25    筑波山

  
<<前のページ | 次のページ>>
2011年11月28日(月
裏妙義

 白馬の師匠とヒロヒサ君と私の三人で裏妙義へ。大岩ごろごろの籠沢を詰め裏妙義の象徴とも言える丁須の頭へ。ちょっと遊んで三方境への縦走路に入り、20mのチムニー下りや桟道トラバースなど緊張を強いられる個所を楽しくこなして最後は巡視道で紅葉を愛でながらの下山。少々物足りなさを覚えた三人でした。

丁須の頭

一段目から表妙義

縦走路

20m

桟道のトラバース

浅間山

彼方に丁須の頭

紅葉

2011年11月21日(月
二子山
 ハイキングコースとしては一般的ではない山、二子山。二年前の6月に訪れてから秋の紅葉の季節に再訪したいと願っていたが、今回、ヒロヒサ君と登る機会を得た。全山石灰岩のこの岩山は登る者に適度な緊張を強いる山ではあるけれど、その緊張感がとてもよい気分転換になる山で私の好きな山のひとつ。

股峠

東岳

両神山

西岳

西岳山頂

無名のピークへ

ピークから西岳

消えゆく叶山

ローソク岩

二子山

紅葉

無題

2011年11月1日(火)
瑞牆山

 「山に連れてって」というmyさんの願いに応えて師匠が選んだ山、瑞牆山に行ってきました。山頂を極めるだけでは師匠にとって少々物足りない山だろうなと思っていたのですが、案の定、昨日の朝メールが入り「ちょっと遊びたいのでハーネス、ビレーデバイス、ヘルメット、シューズをお忘れなく」ときた。myさんには黙っておこうと心に決め、八王子で待ち合わせし現地へ。天気に恵まれ紅葉も見られて気持ちの良い山行となり、瑞牆山の山頂では360度の展望を楽しみました。午後からは師匠のお遊びにもちょっとお付き合い。なんとmyさんいきなりのクライミングデビューにも物怖じせず空中懸垂まで体験してしまいました。myさんの勇気に拍手!

瑞牆山

大鑢岩

山頂と八ヶ岳

南アルプス

富士山

北アルプス

瑞牆山頂

遊ぶ師匠

2011年10月18日(火)
白毛門

 予てから残雪の春に訪れたいと思っていた白毛門。来春の偵察を兼ねてヒロヒサ君と登ってきました。登山口から樹林帯の中の急登の連続。上空はガスに覆われ時折霧雨の舞う天気でしたが山頂に着いて間もなくガスが切れ始め下山の開始しとともに待望の展望が戻ってきました。一度は諦めかけていた眺望と紅葉を楽しめたことに満足して下山完了。時間があったので一の倉沢を見学し、湯檜曽の温泉に浸かって今日の疲れを癒して帰路につきました。

晴れ間

ガスの山頂

頂上

山頂のヒロヒサ君

笠が岳

ジジ岩ババ岩

谷川岳

松ノ木沢の頭から

紅葉

ブナの紅葉

最後に本峰が

2011年9月11日(日)
武尊山

 山友ヒロヒサ君と百名山のひとつである武尊山(ほたかやま)を登ってきました。武尊神社脇に車を停めて登山開始。台風で荒れた林道歩き、ブナ混じりの広葉樹から針葉樹の森の急登、梯子と鎖の岩場、石楠花と這松の尾根道と変化に富んだ登山道でした。山頂には一等三角点があり天気が良ければ360度の展望が楽しめたのでしょうがこの日は生憎のガスで展望は無し。昼食にヒロヒサ君の用意してくれたカップラーメンをいただいているうちに登山者で山頂は混雑。剣ガ峰への周回は次回Becker君と共に晴れた日にと誓って往路を下山。かいた汗を湯檜曽温泉で流して帰路につきました。

武尊神社

剣ガ峰山への分岐

不動明王

手小屋沢分岐

行者ころげ

武尊山

山頂

一等三角点

2011年8月19日(金)
斑尾山 兎追いしかの山
 今年の白馬集会登山組。予定していた常念岳〜蝶が岳縦走を雨の為に急きょ断念。、ヒロヒサ君、Becker君の機転で今日の予定を斑尾山に変えて登ってきました。アルプス登山がハイキングに変わってしまったので多少の消化不良は致し方ないものの、気の置けない山友達との山行はそれだけで楽しい。今回は名古屋からオータケ君が初参加してくれました。

夏リフト終点

展望台から野尻湖

斑尾山山頂

この下に 

十三薬師

由来が面白い

大学山岳部出身

大明神岳

2011年2月25日(金)
筑波山
 つくば市を訪れる機会があり半日の自由時間がとれたので筑波山に登ってきました。先ず筑波山神社を参拝。ケーブルカー沿いの御幸ヶ原コースで山頂へ。深田久弥の百名山中もっとも標高が低いということもあって「楽勝登山」の筈だったのですが、私、侮っていました。御幸ヶ原から男体山を往復し、最高峰の女体山で展望を楽しんだ後、白雲橋コースで筑波山神社へ下山。3時間30分の百名山でした。

筑波山神社

御幸ヶ原

山頂標識

男体祠

女体祠

筑波山(女体山)

ちょっとスリル

麓から筑波山