YHKMAC.Michimo's Home 本文へジャンプ
ダイアリー
 
 2010.01.02    高尾山
 2009.12.19    毛無山
 2009.12.07    日和田山
 2009.11.20-21  燕岳
 2009.11.16    金時山
 2009.11.06    高尾山
 2009.10.31    焼岳
 2009.10.16    高尾山
 2009.10.01    巻機山
 
<<前のページ | 次のページ>>
2009年12月19日(土)
毛無山

山頂

富士山を背景に

霧氷

 厳しく冷え込んだ冬型の気圧配置。晴天が約束された日に山に登る幸運に、霧氷が華を添えた。今回はSB君のプランにHS君と私が同行。軽いハイキングのつもりで臨んだのですが山頂までの登山道は思いのほか急登が続き、苦しい登りを強いられました。しかし山頂を間近にして眺望が開けると雪をいただいた富士山が美しい姿を見せ、ここまでの疲れを忘れさせてくれました。帰りは地蔵峠経由で「麓」の駐車場へ下りました。
2009年12月7日(月)
日和田山

HS君

マスター

 

 忘年会で上京した白馬のマスターがゲレンデに遊びに行こうというので喜んでついて行きました。場所は日和田山。平日なので空いているかと思いきや時間が経つにつれてクライマーが集まりはじめ、お昼頃には中高年ばかりでだいぶ賑やかになってきました。いつものようにマスターのお手本を頼りに岩と奮闘すること幾度か。やがて甲斐なく握力尽きて重力にもてあそばれる姿を晒すのでありました。

2009年11月20日(金)−21日(土)
燕岳

合戦小屋

槍ヶ岳

尾根道

燕山荘

山荘より燕岳

山頂付近より

めがね岩

頂上

北     ア

ル     プ

ス     の

山     波

 白馬のマスターとHS君に誘われて初冬の北アルプス、燕岳へ行ってきました。中房温泉の駐車場でマスターと合流。北アルプス三大急登の一つである合戦尾根を登りつめて今日の宿燕山荘に到着。気温が下がる前にと休みも程々にして山頂へ急ぎます。燕岳山頂から眺める北アルプスの山波には次第に厚くなる雲から雪のカーテンが降りはじめていました。今日の日のためにピッケルを新調したHS君にとっては冬のアルプス初挑戦。私も昨年の誕生祝いに家族からもらった新しいピッケルの使い初めとなりました。暖かく快適な一夜を過ごした翌日はガスと風と小雪の天気。凍える頬と指先がなぜか冬山の楽しさを思い出させてくれました。

2009年11月16日(月)
金時山

山頂へ

富士山

大  涌  谷  方

面  の  展  望

 老人会ハイキングクラブのハイキングに参加して金時山へ行ってきました。老人会だから60歳以上が入会資格なのですがどういうわけか私も老人会の会員になってしまっています。
2009年10月31日(土)
焼岳

焼岳

南峰と乗鞍岳

北峰山頂

山頂

槍ヶ岳

穂岳連峰

河童橋にて

大正池から

 晩秋の上高地は焼岳に登ってきました。メンバーはいつものHS君とときどき一緒のSB君。快晴に恵まれた絶好の登山日和で山頂からの眺望が楽しみでついついペースが上がり気味。その期待通りに山頂からの眺めは素晴らしく、槍・穂はもとより9月に登った笠ヶ岳の大きな山容がとても印象的でした。暫くすると山頂にはたくさんの人が。十分に展望を楽しんだ後は上高地に下山。観光客で溢れた河童橋から穂高連峰を眺めているとなぜか眼に涙。いつまでも眺めていたい風景でした。

2009年10月16日(金)
高尾山

AM9:30

山頂AM10:34

富士山は残念

リフトで下る

 家族が皆出掛けてしまったのでこれ幸いと高尾山へ行きました。じつは栃の実が目当てだったのですが今年は少し遅かったようです。紅葉の時期はまだまだ先で今は桜が色づき始めたばかりでしたが今日の高尾山には幼稚園児の団体がいくつかいてざっと数えて100人を超える園児たちが懸命になって登っていました。その傍らで付き添いの先生やお母さん方は別の事に懸命になっていました。
2009年10月1日(木
秋色の巻機山

ヌクビ沢の紅葉

源頭部

稜線から割引岳

割引岳山頂

巻機山(右奥)

巻機山山頂

池塘

下山道

前巻機へ

ニセ巻機

巻機山を振り返る

天狗岩とヌクビ沢

 今日の晴れ間を逃す手はないと、なるべく秋雨前線から遠い所へ行こうと片道220キロをかけて巻機山へ行ってきました。尾根道の往復ではつまらないので下山禁止のお触れの出ている沢を詰めて稜線へ。両岸の紅葉を楽しみながら登りつめ尾根筋への最後の登りで下山禁止の理由を納得。降りるのは相当の危険を伴いそうでした。割引岳から巻機山にかけてはなだらかな草原状の道で秋の涼風が吹きわたる気持ちの良い尾根道。女性的と云われる巻機山の山頂は広く、所々に池塘が点在し這い松やシャクナゲ、笹とツツジに覆われた草原の頂きでした。あいにく沢から湧きあがる雲が次々と巻機山の山頂を越えていくので展望はいまいち。でも下山の途中の前巻機で返り見る巻機山は湧いては通り過ぎる雲の動きが面白く、いつまでも見飽きない光景を見せてくれていました。