YHKMAC.Michimo's Home 本文へジャンプ
ダイアリー
 
 2009.09.15-16 木曽駒ヶ岳、宝剣岳、空木岳
 2009.09.03-04 笠新道から笠ヶ岳
 2009.08.22   飯綱山
 2009.08.21   四阿山
 2009.07.18   高尾山
 2009,07.05   西吾野 北川
 2009.06.19   二子山
 2009.06.07-08 尾瀬 燧ヶ岳
 2009.05.25   廻目平で岩遊び
 2009.05.18   浅間山(黒斑山)
 2009.05.09   男体山
 2009.04.28   日向山
 2009.04.19   七峰縦走
 2009.04.14   陣馬山
 2009.04.11   護衛艦「ひゅうが」
 2009.04.03   両神山
 2009.03.23   高尾山
 2009.03.12   瑞牆山
 2009.03.02   茅ヶ岳、金ヶ岳
 2009.02.21   三つ峠山から清八山へ
 2009.02.12   大室山と加入道山
 2009.01.25   天城山縦走
 2009.01.14   ダイヤモンド富士
 2009.01.11   東京見物
 2009.01.06   天城山
 2009.01.04   東京タワー
 2009.01.02   高尾山
 2009.01.01   初詣は護国寺
<<前のページ | 次のページ>>
2009年9月15日(火)−16日(水)
木曽駒ヶ岳、宝剣岳、空木岳

千畳敷

木曽駒ヶ岳

駒ヶ岳神社

宝剣岳直下

宝剣岳

檜尾岳

今宵の宿

避難小屋内部

 今月末の紅葉撮影会の下見を口実にしてちゃっかり縦走を企てました。天気は生憎の曇り空で稜線上は視界20メートル程で冷たい霧雨も。中岳を越え難なく駒ヶ岳山頂に至りいよいよ宝剣岳へ。昭和47年の冬に強風で登ることのできなかった山頂は山頂とは名ばかりの大地のない岩峰で、ここから南への縦走路は岩稜と鎖場の連続でしたが何せ視界が無いので高度感も薄れて期待どうりとはいきませんでした。しかしここからは視界が無いだけに頼りになるのは薄れた赤ペンキの矢印だけ。時には地面に矢印が削ってあったりして自分が正しい道を歩いているのか不安になり時間ばかりが過ぎて一時はビバークも止むなしかと。檜尾岳の山頂にたどり着いた時には正直ほっとしました。今宵はこの無人小屋に一人きり。早めの夕食をとり熱いコーヒーで体を温めて日没とともにシュラフに潜り込んで眠りにつきました。無線機から聞こえるラジオ放送では明日の好天を伝える天気予報が流れていました。

ナナカマド

檜尾避難小屋

熊沢岳へ

駒ヶ岳 宝剣岳

熊沢岳山頂

遠く空木岳

東川岳へ

越えてきた山々

東川岳から空木岳

木曽殿越から

空木岳山頂

駒峰ヒュッテ

 凍てつく朝を迎え6時に出発。檜尾岳から振り返る避難小屋の背後に南アルプスの山々と富士山が頂を見せていました。快晴に恵まれた喜びを噛みしめながら静かな稜線散歩を楽しみ、空木岳へ向かいます。熊沢岳を越え東川岳に至るといよいよ空木岳が目前に迫り鞍部の木曽殿山荘から頂上に至る標高差が疲れた足に堪えそうでした。木曽殿越から90分の登りで空木岳山頂へ到着。残念ながら湧き上がる雲に遠くの視界が遮られ展望はいまいちでしたがそれでも上空は抜けるような青空。名残惜しいけれど30分ほどで休みをきりあげ早々に下山開始。なにしろ山頂から麓の駐車場まで延々10キロの道のり5時間の下りがまっています。休まず下って4時間半後の午後4時前によれよれになって駐車場到着。近くの「こまくさの湯」で汗を流したあと名物のソースかつ丼を食べて帰路につきました。いい山旅でした。
1日目 千畳敷−乗越浄土−駒ヶ岳−宝剣岳−極楽平−檜尾岳−檜尾避難小屋
2日目 避難小屋−檜尾岳−熊沢岳−東川岳−木曽殿越−空木岳−菅の台駐車場
2009年9月3日(木)−4日(金
笠新道から笠ヶ岳

笠新道入口へ

杓子平

稜線を行く

抜戸岩

スグソコなんて

笠ヶ岳山荘

山荘から山頂

山頂で

山荘にサヨナラ

眼下に秩父平

穂高の山々

弓折乗越から

鏡平山荘

シシウドガ原

秩父沢

わさび平小屋

 夏の終わりの恒例の山行き。今年は北アルプスの笠ヶ岳へ。メンバーは紅一点のHさんと中年の山男三人の四人。標高差のあるきつい登りを好んで登るマスターの言うがまま、覚悟していたとは言え急登の連続する笠新道は本当に苦しい登りでした。おまけに山荘に着く頃にはあちこちで雷が鳴りはじめ、山頂ではますます近くなる雷鳴に恐怖を感じながら慌ただしく記念撮影して山荘に逃げ帰りました。翌日はガスの中を抜戸岳の分岐へ戻り、昨日登った笠ヶ岳を振り返りながらお花畑の秩父平へ。今度は雲間に見え隠れする槍、穂高の展望を楽しみながら弓折岳から鏡平へ下り、さらにわさび平小屋を経由し車をとめた新穂高温泉へ戻りました。帰りに飛騨の名湯平湯で汗を流し飛騨牛のコロッケを食べて帰路につきました。
2009年8月22日(土)
飯綱山

一の鳥居

白馬連峰

山頂のマスター

山頂

トリカブトの一種

マツムシソウ

ハクサンフウロ

オヤマホクチ

 白馬で迎えた一日目。マスターの運転で飯綱山へ。朝のうち心配された空模様も登るにつれて雲も晴れ、秋の到来を感じさせる爽やかな天気になり白馬連山はもちろんのこと槍や穂高も目視できる展望が待っていました。

2009年8月21日(金
四阿山

百名山

冬はゲレンデ

浅間山

白根山

山頂手前三角点

山頂へ

四阿山山頂

 久々の山登り。S君B君と菅平で待合わせし車で移動してパルコール妻恋から山頂を往復。パルキャビンというゴンドラ利用で手軽に登れる百名山なので中高年を含む多くの登山者が訪れていて私たちも迷うことなくシニア料金なる恩恵にあずかりました。下山後今宵の宿となる白馬の林ペンションへ車を走らせマスターの奥さんの美味しい夕食をいただいて今日の疲れを癒しました。

2009年7月18日(土)
高尾山

ビアガーデン?

二等三角点

琵琶滝

岩屋大師

 焼岳への山行が雨で延期となり、山欠で窒息しかけたS君(私も)を蘇生すべく雨を覚悟で高尾山へ。雨が予想されるとはいえミシュランの影響で大混雑は必至なのでAM7:30に高尾山口で待合わせして1号路で山頂へ。帰路は6号路で下山し美味しい蕎麦を食べて酒饅頭を頬張って高尾の湯「フロッピー」で汗を流して帰りました。
2009年6月19日(金)
二子山

股峠

東岳へ

東岳山頂

西岳方面

案内

さてどっち?

岩稜の先、西岳

西岳山頂

西岳から両神山

西岳を振り返る

二子山

 中学生の頃、学校帰りの池袋駅構内で紅葉に染まる二子山の大きなポスターが目にとまった。そのポスターが欲しくてわざわざ鉄道会社の事務所を訪れてもらってきたことがあった。それから40年の歳月を経た今日、この二子山に登ってきました。ロッククライミングで知られる山だけに全山が岩山で東岳から西岳の縦走では両脇が切れ落ちた岩稜歩きが楽しめ、西岳正面の上級者コースはホールド豊富な石灰岩質の岩を登る爽快感が味わえる楽しいルートでした。いつもの様に今日もまた私以外に登る人もなく静かな一日の山旅でした。
登山口-股峠-東岳-股峠-西岳-魚尾道峠-登山口

2009年6月7日(月)−8日(火
尾瀬 燧ヶ岳

尾瀬 至仏山

見晴から燧ヶ岳

尾瀬ヶ原全景

柴安ー

残雪

俎ー

俎ー山頂

ミノブチ岳から

尾瀬沼全景

沼畔

燧ヶ岳

 昨年家族で尾瀬ヶ原を訪れた際にいつか登りたいと思っていた燧ヶ岳。チャンスはすぐにやってきました。尾瀬は初めてというS君、B君の計画に加えてもらい1日目は鳩待峠から見晴へ。2日目は見晴新道を登って燧ヶ岳の3つの山頂に立ち長衛新道を下り尾瀬沼経由で大清水へ下山しました。天気にも恵まれ山の印象も良かったので楽しい二日目でしたが長衛新道の下りの足元が悪く思ったより時間を取られ下山してみれば実に12時間の行程となりました。
1日目 鳩待峠-見本園-牛首-竜宮-ヨッピ吊り橋-東電小屋-見晴
2日目 見晴(見晴新道)燧ケ岳(柴安ー-俎ー)長英新道-尾瀬沼ビジターセンター-三平峠-大清水

2009年5月25日(月)
廻目平で岩遊び

師匠

ガマスラブ

H.S君

わたし

 師匠とH.S君に誘われて小川山でクライミングをしてきました。山歩きとは違って重たい荷物と長距離の移動が無いのがなによりで日がな一日楽しく遊ばせてもらいました。
2009年5月18日(月)
浅間山(黒斑山)

黒斑山

賽ノ河原

浅間山(前掛山)

牙山-剣ヶ峰

黒斑山

蛇骨岳

仙人岳

鋸岳の先

Jバンド

賽ノ河原

湯ノ平周辺

草すべりへ

 学生時代に湯ノ平周辺を訪れたことがあるらしい。らしいというのは訪れた記憶がないからだが当時私が好きだった田淵行男氏の写真集の一冊に「浅間山・八ヶ岳」というのがあってそこに前掛山の頂から裾にかけて幾筋も残る残雪を写した印象的な一枚の写真があり多分その写真に心を動かされて訪れたようなのだ。私の古い山のアルバムには当時は高価だったに違いないカラーフィルムで撮影した錦秋の湯ノ平周辺の写真が残っていて撮影地の確認も兼ねていつか訪れてみたいと思っていた。第一外輪山を歩くとはいってもここでの主役は終始眼の前の浅間山(前掛山)でトーミの頭から続くどの山頂も火口壁の上なので足元から深く切れ落ち眼下から山頂に至る浅間山の雄大な景色には感嘆するばかりでした。先月7日に噴火警戒レベルが3から2に引き下げられたとはいえ活動中の火山に好き好んで近づく人は少ないようで賽ノ河原でひと組の夫婦とすれ違っただけの静かな1日でした。大きな声では言えませんが次回は黒と黄色の縞模様のロープを潜って前掛山まで行こうかなって思ってます。もちろん自己責任でマスク?持参でね。
車坂峠(表コース)トーミの頭-黒斑山-蛇骨岳-千人岳-鋸岳(Jバンド)賽ノ河原-湯ノ平口(草すべり)トーミの頭(中コース)車坂峠

2009年5月9日(土)
男体山

登拝受付

案内

登拝門

火山礫の道

奥宮

神剣立つ山頂

 S君とI君の計画に加えてもらって男体山へ。山全体が御神体なので二荒山神社で登拝料を支払い登拝交通御守護の札をもらって登拝門を潜り、登山開始。標高差1200mをほぼ一直線に登る道は樹林帯の急登で始まりました。何合目かを示す石標を励みにしながら登り詰め、九合目を過ぎた辺りで展望が開けると火山礫の道となり森林限界を超えるとすぐに奥宮の鳥居。神剣の立つ山頂はもう眼の前。春の霞みで富士山は見えませんでしたが日光三山(男体山、女峰山、太郎山)を含む日光連山八峰(奥白根、前白根、大真名子、小真名子、赤薙山)が望めました。山頂往復では勿体ないと帰りは山頂から北への道をたどり、時折足の付け根まで潜る残雪に抗う術もなく我慢の下降。志津乗越の登山口へ降り立ち一息ついてからバス停のある戦場ヶ原まで二時間弱の林道歩き楽しみました。ちなみに今日登拝門から山頂へ向かった登山者はちょうど100名だったそうです。

2009年4月28日(火)
日向山 雁ヶ原

日向山山頂

甲斐駒ヶ岳

八ヶ岳

地蔵岳

 GW目前の今日、S君と日向山へ登りました。車1台を駒ヶ岳神社手前の駐車場に置きもう1台で日向山登山口の矢立石の駐車場へ。駐車車両が他に無く静かな一日が過ごせそうなことに気を良くして登山開始。そこから90分程の登りで日向山山頂。すぐに足もとの土が砂に変わって突然林から抜け出すとそこが雁ヶ原でした。足もとから続く風化花崗岩の白い真砂土に覆われた斜面にはいくつもの岩が突き出しちょっと不思議な光景に。数日前に降った雪をかぶった甲斐駒や地蔵岳、遠く八ヶ岳の山々が雲ひとつ無い好天の空に映えていました。帰りは錦滝から尾白川の渓谷道を下って駒ヶ岳神社先の駐車場へ戻りました。

2009年4月19日(日)
七峰縦走

受付を待つ

記録カード

完歩証明書

キャップ

 過去数回参加のS君B君の誘いを受けて「外秩父七峰縦走ハイキング大会」に行きました。当初はペース配分など経験者の両君のサポートを受けながらのつもりでしたが二人とも別行動ということで先行き不安のスタート。案の定出だしでハイペースグループに巻き込まれ早くも脚力を使い果たし両足膝上を幾度も攣って途中リタイアの言い訳を考えながら歩く始末。脳裏に両君の嘲笑が浮かぶ。これはいかんと雑念を振り払い数千人の行列の中に埋没してただひたすらゴールを目指して歩き続けスタートから11時間40分後の午後5時40分にゴール。42キロは楽しかった!?です。ちなみに万歩計は63,498歩を記録。約1,900kcalを消費し体重は2.5kg減でした。

2009年4月11日(土)
「ひゅうが」

DDH-181

全通甲板

SH-60J

フェニックス

大久保さん?

ヘリ格納庫

乗艦待ち

 今年3月に就役した護衛艦「ひゅうが」。今日一般公開されたので見に行ってきました.。甲板は小型航空機の発着艦は出来そうでしたがハリヤ-の排気熱に耐えられる仕様にはなっていないようでした。

2009年4月3日(金)
両神山

注意書

鎖場が続く

西岳

東岳

最後の難所

山頂

 両神山に行ってきました。都心では桜が満開になった今日ですが山には冷たい風が吹いていました。上落合橋に車を止め八丁峠から西岳、東岳を通り両神山を往復。踏み跡の無い雪道に真新しいトレースを付けながらの登降には心が弾みましたが次から次と現れる鎖場のいくつかには雪が付いて凍結していて怖い思いをしました。風の止んだ山頂でたっぷり1時間展望を楽しんだあと下山開始。アイゼンの脱着を幾度も繰り返してようやく無事に八丁峠に帰り着きました。今日もまた一人の人にも出会うことはありませんでした。

2009年3月12日(木)
瑞牆山

瑞牆山山頂

金峰山を背に

八ヶ岳方面

大鑢岩

 春に三日の晴れ間なし。だから約束された今日の晴天を逃す手はないと明日の予定だった白毛門を急きょ瑞牆山に変更して登ってきました。気温は−9℃。空には風の咆哮が。富士見平小屋から先の沢沿いの道は氷の滑り台のようでしたがアイゼンのツァッケが小気味よく食い込み快調な登り。凍えたシャクナゲに覆われた最後の登りの先には明るい空が開けていました。風も落ちつき冷たい指先の感覚が戻ったころにいつもの熱いスープをすすり、一息ついたところで遮るもののない展望を楽しみました。瑞牆山貸し切りの一日でした。
2009年3月2日(月)
茅ヶ岳、金ヶ岳

終焉の地

茅ヶ岳山頂

山頂より南ア

金ヶ岳山頂

 S君と深田久弥終焉の地、茅ヶ岳へ。今日の行程は茅ヶ岳から金ヶ岳を経て観音峠へ至る私にとって未踏の道でしたが山頂付近の木々は霧氷に覆われ特に金ヶ岳の山頂にかけては純白の霧氷が美しい登山道でした。金ヶ岳南峰から観音峠へ下る雪道は痩せ尾根の連続で急角度で落ち込む難所がたびたび現れアイゼン無くしては下れない緊張を強いられる道でした。恵まれた天候はもとより、きれいな霧氷と雪道、そしてちょっとのスリル。満足した1日でした。
2009年2月21日(土)
三つ峠山

展望地から

懐かしのゲレンデ

開運山山頂

清八山から

 友人二人と三つ峠に登ってきました。登山口から山頂往復だけでは時間が余るので開運山、御巣鷹山を縦走して清八山へ。清八山は富士山はもとより南アルプスや八ヶ岳、奥秩父の山々を望める穴場的な山頂でした。
2009年2月12日(木)
西丹沢 大室山と加入道山

犬越路

富士山

大室山

加入道山

 東京方面から富士山を望むとき手前にいつも大室山が見える。特徴ある三角形の山容で八王子から富士山の写真を撮るたびに存在が気になり一度登ってみたいと思っていた。9日に道志側の神の川ヒュッテから登ろうと出かけたが鹿の死骸の脇に大量の熊の糞があるのを見つけて怖気づいてしまった。そして今日、100円ショップで買った鈴をぶら下げ少しは登る人もあろうかと丹沢湖側の用木沢出合から登り山頂を踏んだ。大室山も加入道山も展望のきく山頂ではなかったが犬越路から上ったところで美しい富士山が望めた。猿、鹿、野鳥の他には加入道山の山頂で人一人に会っただけの静かな一日でした。

2009年1月25日(日)
天城山縦走(天城高原から天城峠)

万二郎岳

万三郎岳

天城の瞳

旧天城隧道

 友人のS君と天城山縦走をしてきました。冬型の気圧配置で風が強く終日雲ひとつ無い快晴に恵まれましたがドリンキングチューブの水も凍る程の低温に震えながらのハイキングになりました。天城の瞳、八丁湖は湖面の中心を残して結氷していました。天城高原から天城峠までの歩行時間は7時間程でほとんどが樹林帯を行くルートでしたが樹間には富士山の姿が望めました。縦走の最後に旧天城隧道も覗いてきましたが撮った写真には不思議なものが・・・・。そういえばここは・・・・。
2009年1月14日(水)
ダイヤモンド富士
 年に二度のチャンス、天候に恵まれた確率は今のところ25パーセント位か。たとえ天気に恵まれたとしても空気の透明度など撮影の条件が悪い場合もある。ベストチャンスの昨日は仕事で間に合わず悔しい思いをしたが今日は万全の準備をしてその時を待った。
2009年1月11日(日)
東京見物
 今宵のお楽しみの前に八王子育ちの末娘のために東京見物をしようと東京駅から皇居前広場、銀座から京橋を経て日本橋へと歩きました。いつのまにかもう完全に「おのぼりさん」になっていました。
2009年1月6日(火)
天城山(万二郎岳と万三郎岳)

万二郎岳

アセビのトンネル

万三郎岳

万三郎岳から富士

 仕事で熱川に一泊。そして今日天城山へ登りました。伊豆半島最高峰ということもあり昨夜のうちについたのでしょう、山頂付近の木々は霧氷で白く輝いていました。朝日を浴びてカラカラと舞い落ちる霧氷が登山道を白く染めていきます。万三郎岳からさらに奥へ1時間、天城一のブナの巨木があるという皮子平は苔むした転石をそこここにしてヒメシャラとブナの巨木が立ち並ぶトトロの世界でした。大きなブナの木を廻るうちに危うく迷子になるところでした。
2009年1月4日(日)
東京タワー

都心のオアシス

鉄骨

窓に2009

 NBAコンクールの合間を縫って東京タワーに登ってきました。もちろん階段です。高さ150メートルの大展望台までは600段の階段があり登り切ると「登り階段認定証」なるものがいただけました。

2009年1月2日(金)
高尾山
 護国寺への初詣とともに高尾山薬王院への参拝も正月行事の一つとなっていて今日は長女と次男を連れて一号路から山頂を目指しました。近年、ミシュランの観光ガイドに紹介されたこともあって高尾山は国内外の多くの観光客で賑わうようになりケーブルカーや観光リフトもあることから気軽に手軽に登れる山として注目されているらしい。ひと汗かいて50分ほどで山頂に到着。人混みの中で富士山方面の展望を楽しんだ後、薬王院を参拝し早々にリフトで下山し登山口で美味い蕎麦に舌鼓。まあいつものお決まりのパターンを踏んで参拝終了。ちなみに薬王院で買い求めた私の御神籤は昨年に続いて「大吉」でした。
2009年1月1日(木)
初詣は護国寺
 わが家の初詣は新年1日に護国寺に詣でることに決まっている。今日は雲ひとつ無い快晴のもと家族全員が揃って無事参拝することができた。この日子どもたちが楽しみにしているのはここで御神籤を引くことと一人一人が自分の願いにかなったお守りを買うことだ。御神籤は引いた者それぞれに夢や希望を与えたり警告と注意を喚起する神仏の託宣として素直に受けとめる謙虚さが求められる。日頃の不信心はどこへやら今日だけは皆真面目な顔になる。