YHKMAC.Michimo's Home 本文へジャンプ
ダイアリー
 
 2008.12.31   来客
 2008,12.22   クリスマスを前に
 2008.12.16   雲取山
 2008.12.07   奥武蔵
 2008.12.06    忘年会
 2008.11.21   自衛隊音楽まつり
 2008.11.08   丹沢山
 2008.10.21   横岳 硫黄岳
 2008.10.20   阿弥陀岳 赤岳
 2008.10.05   物見の岩
 2008.10.04   風吹大池
 2008.09.13   Mountain Designs
 2008.09.08   タマゴタケ
 2008.08.30   バレエ
 2008.08.27   甲斐駒ヶ岳
 2008.08.20   山靴
 2008.08.13   吹き割りの滝、玉原ラベンダーパーク
 2008.08.12   尾瀬
 2008.08.07   RH全日本選手権
 2008.07.16   高校野球
 2008.07.11   JAXA シンポジウム 2008
 2008.06.23   鎌倉
 2008.06.09   ミネラルフェア
 2008.05.01   ザック
<<前のページ | 次のページ>>
2008年12月31日(水)
来客
 冬になるとバードケーキをつくる。小麦粉と砂糖に餌の穀類を加えラードに練り込んで成形し筒状のバードフィーダーに入れて窓の外に吊るすと、そこは私のデスク脇の窓なのでガラス1枚を隔てて1メートル程の距離に小鳥たちがやってくる。慣れてくると部屋で仕事をしていてもお構いなしで餌をついばみに来る。それぞれにみな可愛いが来てくれると嬉しくなるのは「ギー」と鳴いて姿を現すコゲラだ。
2008年12月22日(月)
クリスマスを前に
 毎年クリスマスが近づくと手に取る三冊の本がある。最初の二冊はサンタクロースが実在すると信じる子供たちのその夢を守るために親が読みたい本である.。と同時に悲しいことではあるが実在しないと知ってしまって夢破れ傷ついた子供たちに読ませたい本でもある。またもう一冊は心のこもった本物のプレゼントとは何かを、私たちに教えてくれる本である。もっとも、いつの間にか高価な品物や神の前に守るべき掛け替えのないものが愛情の証として天秤に掛けられるようになった昨今、クリスマス本来の意味と過ごし方を見失った人たちには全く縁の無い本かもしれない。もうすぐクリスマス。末娘にサンタからの最後のプレゼントが届く。
2008年12月16日(火)
雲取山

頂上避難小屋

雲取山山頂

朝の雲取山荘

翌日の頂上から

 東京都の最高峰雲取山へ行ってきました。一昨日降った新雪で装いを新たにした奥多摩の山々が晴天の空に映えてとてもきれいでした。がしかし足にトラブルで苦しい入山。雲取山は遠かった。やっとの思いで山頂に立ち慌ただしく宿泊予定の山荘へ。今宵の宿泊客は私とお友達一人を加えても7人だけで練炭炬燵の用意された8畳の個室は温かく快適そのものでした。そして今日、山荘でご来光を迎え登り返して雲ひとつ無い快晴の山頂に立ち素晴らしい展望を楽しみました。下りは石尾根。休憩抜きでも7時間に迫る長丁場。奥多摩駅に向かってただひたすら行のように歩くのみで駅に着いたのは実に7時間45分後の午後3時45分。石尾根は長かった。

2008年12月7日(日)
奥武蔵
 奥武蔵の山、物見山、日和田山へハイキングに行きました。木漏れ日が遊ぶ樹林帯の道は落ち葉を踏む靴音が心地よく、たまには低山歩きもグー!かな。日和田山ではちょっぴりクライミングの練習もして遊びました。
2008年12月6日(土)
忘年会 紅葉とイルミ

 都会の冬がこれほどカラフルだとは思わなかった。木々の紅葉も色鮮やかなイルミネーションもとてもきれいだ。紅葉がアナログならイルミネーションはデジタル。どちらも人の目を楽しませてくれるがそのために費やされるエネルギー量は比較するまでもない。都会であっても田舎であっても子供にどちらが好きかと問えば答えは明らか。私も今日は子どもに戻ろうか。おっと、今日は忘年会だった。

2008年11月21日(金)
自衛隊音楽まつり
 「平成20年度 自衛隊音楽まつり」へ行ってきました。昨年の轍は踏むまいと開場二時間前に並んだ甲斐あって、正面に近い席を確保。陸海空の自衛隊と防衛大学生、そしてゲストバンドの在日米陸軍音楽隊のドリル演奏を堪能しました。
2008年11月8日(土)
丹沢山
 38年ぶりに訪れた丹沢山。塩水川沿いに登り、帰りは天王寺尾根を下りました。雨模様の天気でしたが傘で十分凌げる程度。ルート上には立派なブナやカヤの樹が点在し私は感嘆するばかり。下りの天王寺尾根は落葉に埋もれたトレイルをたどる静かな道で赤、黄、緑のモミジやカエデが美しく、白い霧を背景にしてちょっと幻想的でした。
2008年10月21日(火)
八ヶ岳 第二日 

横岳

山頂

硫黄岳

山頂

 朝5時半起床でご来光を迎える。天気は快晴で朝日に染まる赤岳、横岳が美しかった。朝食を摂って遅い出発は6時半過ぎ。幾つかの岩峰の集まりである横岳を越え硫黄岳の山頂までのんびりと歩く。すれ違う人も無く貸し切り状態の登山道。これほど静かな山旅はめったにないだろう。休憩は赤岳鉱泉への下り口から少し入った赤岩の頭。ザックを下ろして珈琲を入れながら昨日から歩いてきた山々を眺める。しばらく通ってみようかなと思う。未練を残しながら腰を上げ、一気に下った赤岳鉱泉では地元の山岳ガイド総出でアイスキャンディーの組み立て中だった。

2008年10月20日(月)
八ヶ岳 第一日

阿弥陀岳

山頂から赤岳

赤岳

山頂から阿弥陀岳

 三十数年ぶりの八ヶ岳。美濃戸に車を止め南沢から行者小屋へ。中岳道を経て中岳のコルに上がりザックをデポして阿弥陀岳往復。中岳を越えて鞍部に立つ。今回どうしてもこの鞍部から見上げる赤岳の姿が懐かしく八ヶ岳を選んだと言ってもいい。鎖を頼りに最後の急登を幾度も呼吸を整えながら上り詰め赤岳山頂に立つ。今日の泊まりは赤岳展望荘。宿泊客は私を含めて7人だけ。四人部屋の個室を利用させてもらいバイキング形式の夕食をいただいて今日一日の疲れを癒す。

2008年10月5日(日)
謙信物見の岩

 今日は昨日のお一人に加え今朝長野駅で待ち合わせた友人一人を加えてマスターによる岩登り講習会が行われました。場所は善光寺近くの謙信物見の岩下の断崖。ゲレンデとはいえ何十年ぶりの岩の感触に私はちょっと切ない気持になりました。それにしても履かせてもらったクライミングシューズの威力にはびっくり。攀るってやっぱり気持ちいい。

2008年10月4日(土
天狗平から風吹大池

吹    大

 紅葉の季節。誘われるままにマスターがガイドするツアーに同行させてもらって秋の風吹大池へ。栂池から天狗平を経て池までの道のりは紅葉の盛を迎えてまさに錦秋。天気にも恵まれさわやかな1日でした。

2008年9月13日(土)
Mountain Designs

 日帰りから1泊2日位の山行に使えるザックが欲しくて山道具屋を覗くこと幾度か。これにしようと心に決めてセールを待って出かけた今日、どういう訳か決めていたのとは全く違うこのザックを買ってしまった。私の買い物にはよくこういうことがある。人にも物にも一期一会の心づもりが大切。これから永い付き合いになる新しい道具が増えました。

2008年9月8日(月)
タマゴタケ
 昨日高尾山に登った長女がきれいなキノコがあったと写真を見せてくれました。美味なキノコだよと教えると沢山あったという。そうとなれば話は別でさっそくキノコ狩りと洒落込んだのですが時すでに遅し。娘が見つけたらしい場所にはキノコは無く卵型の幼菌が2個だけ残っていました。美味しさを知っている人にはたまらないタマゴタケ。山頂まで登った帰りの登山道で遠目にも鮮やかな1本を見つけたのでこの1本を持ち帰り家族みんなで味わいました。ただし家族が口にしたのは私が食べてから暫くしてからでした。なんで?。持ち帰った幼菌もカサが出てきたらいただきます。
2008年8月30日(土)
バレエ
 コッペリア第3幕、眠れる森の美女全幕を鑑賞。回を重ねる毎に上達した姿を見せてくれる。今回はジークがお気に入り。
2008年8月27日(水)
甲斐駒ヶ岳
 26日竹宇駒ヶ岳神社から黒戸尾根を登り七丈第一小屋泊。翌27日晴天の甲斐駒ヶ岳山頂に立つ。麓からの標高差は2,200m。一昨年の早月尾根よりも楽だった?と思いきや、現在筋肉痛で階段の昇降が辛い。誘ってくれた友人とお仲間に感謝。
2008年8月20日(水
山靴

タカハシ

sportiva

kayland

kayland

 山登りを始めたばかりの頃、山靴には既製品はなかったと思う。従兄の紹介か山岳雑誌の広告を見てかは記憶にないが中三の時に「山友社たかはし」に山靴を注文した。手作りの味のある革製の山靴で靴底はピレリー。使い込むほどに足に馴染み三回程靴底を張り替えながら五年間私の山登りを支えてくれた。時の流れとともに古い道具は失われてきたが、この山靴だけはもう実用には耐えないのだけれど時々物置からひっぱりだしてきてはそっと足を入れてみる。
2008年8月13日(水)
吹き割りの滝、玉原ラベンダーパーク
2008年8月12日(火)
尾瀬

鳩待峠

燧岳

至仏岳

2008年8月7日(木)
RH全日本選手権
2008年7月10日(木)
JAXA シンポジウム 2008
 有楽町朝日ホールで行われたJAXAのシンポジウムに参加しました。多額の予算をかけてでも宇宙開発事業を継続することの意味を、日本の実験棟「きぼう」、月周回衛星「かぐや」、温室効果ガス観測技術衛星「GOSAT」が人類にもたらした成果を中心にトークセッション形式で説明するもので、テレビでお馴染みの池上彰氏をナビゲーターとして楽しく聴かせてもらいました。
2008年6月23日(月)
鎌倉

半夏生

鶴岡八幡宮

 栃谷戸クラブという地元の会で古都鎌倉へ。生憎と小雨の舞う空模様だったが会としては過去二回悪天候で中止になった行事だそうで季節も紫陽花の美しい時、雨に濡れた風情を楽しむ散策となった。円覚寺、東慶寺、浄智寺、建長寺を巡り最後に鶴岡八幡宮を参拝し小町通りの人混みを抜けて鎌倉駅へ出た。
2008年6月9日(月)
東京国際ミネラルフェア

 ミネラルフェアに行ってきました。見ごたえのある良品に出会うためには初日に出かけたいところでしたが今日になってしまいました。数年前より長さ4p位で細い透明な水晶クラスターを探しているのですがスイスアルプスや中国産のものでもとても高価になっていて手が出ません。淡紅銀鉱や透明感のある緑鉛鉱にも関心はあるのですがやはり高価。眼の保養だけして今年は面白そうな本を一冊買いました。

2008年5月1日(木)
ザック

 先月新しいザックを買いました。これまで旅行や撮影会に愛用していたザックは二十年以上昔に日本野鳥の会で購入したザックで、二気室の下はカメラ用に緩衝材が入っていました。経年の劣化で背当てのスポンジがぽろぽろと崩れ汚れるようになり仕方なく買い替えることにしました。今はもっぱらジム通いに使っています。