YHKMAC.Michimo's Home 本文へジャンプ
ダイアリー

 2008.04.27 タケノコ
 2008.03.30 九州二泊三日の旅
 2008.03.06 横浜動物園 ズーラシア
 2008.02.04 早朝の雪景色
 2008.01.01 初日の出
 2007.12.11 相模原ふれあいコンサート
 2007.01.18 武蔵野シティバレエ
 2007.11.16 自衛隊音楽まつり
 2007.09.23 横須賀マリンフェスタ 二日目
 2007.09.22 横須賀マリンフェスタ 一日目
 2007.09.11 アルプ
 2007.09.06 クララを夢見て
 2007.08.29 第22回武蔵野シティバレエ定期公演パンフレット
 2007.08.22 会津若松へ
 2007.06.15 パッソ
 2007.06.01 ミネラルフェア
<<前のページ | 次のページ>>
2008年4月27日(日)
タケノコ
 例年20本くらい収穫するタケノコ。今年は採りに行くのが少し遅れてしまったのでもう無いだろうと諦めながらも、近くに用事があって出かけたついでに寄ってみると、すっかり掘り尽くされた跡の竹林ではあったが数本のタケノコが見つかった。道具を用意して収穫を始めると少ないながらも15本の季節の恵みをいただくことができた。
2008年3月30日(日)
九州二泊三日の旅

高千穂峡

水前寺成趣園

雲仙地獄

熊本城

 27年ぶりに新婚旅行の地、九州へ行ってきました。一日目は雨の中、高千穂神社から高千穂峡へ。二日目は霧の草千里から晴れて桜満開となった水前寺成趣園。あの普賢岳を仰ぎ見て雲仙地獄へ。三日目はイルカウォッチングの後、天草パールラインを通って熊本城入城。ホテルも観光地も韓国人と中国人がいっぱい。お国柄と民族性の違いをまざまざと見せつけられた旅でもありました。

2008年3月6日(木)
横浜動物園 ズーラシア

キンシコウ

オカピ

 義父の誘いで横浜動物園の撮影会に行きました。この動物園の目玉はキンシコウとオカピ。残念ながらキンシコウは4月中に中国へ返還されるそうだ。

2008年2月4日(月)
早朝の雪景色
 自宅近くの公園からの富士山の眺めは四季を通して見慣れた風景だが、大室山をはじめ前景の山々の樹に着雪した風景は条件がそろわないと見ることができない。大抵は日が昇ると同時に溶け落ちてしまう。この写真も朝7時30分をまわっていたので手前の木々の雪は落ちてしまっている。
2008年1月1日(火)
初日の出
 八王子に越してきて十年目になるが初日の出を迎えるのはたぶん初めてだ。今年は次男の高校受験の年。初日に願掛けをしたいという本人の願いで自宅から車で10分ほどの牧場の丘の上にやってきた。日の出前には放牧された牛もやってきて早朝から集まったたくさんの人に興味が湧いたのかよだれを垂らしながら寄ってくる。カメラを構えた息子も舐められそうになりながらじっと日の出を待っていた。
2007年12月11日(火)
相模原ふれあいコンサート
 海上自衛隊横須賀音楽隊の「相模原ふれあいコンサート」へ行ってきました。武道館で行われる音楽祭と違ってアットホームな雰囲気で、コンサートとして楽しめました。アンコールはこれじゃなくっちゃというお馴染みの軍艦マーチでした。
2007年11月18日(日)
武蔵野シティバレエ

 三鷹にある武蔵野市民文化会館で「コッペリア」全幕を鑑賞。もちろん末娘の晴れ舞台の公演で、三鷹までレッスンに通い詰め、帰宅が夜11時を回ることもありました。一般公募で選ばれた80名のキャストの一員として最後まで頑張り抜いた末での舞台で本人としても満足の演技だったようです。

2007年11月16日(金)
自衛隊音楽まつり

 平成19年度自衛隊音楽まつりに行ってきました。陸海空自衛隊音楽隊と防衛大学(私が行きたかった大学)儀仗隊、そして今回海外からは在日米陸軍音楽隊、大韓民国空軍音楽隊が参加して武道館の会場には日米韓の三国の国旗が並びました。

2007年9月23日(日)
横須賀マリンフェスタ 二日目

ホスト親子

はたかぜ

20ミリ機関砲

五インチの祝砲

 二日目は曇天で多少波もあったがホストの知人親子と会話を楽しみながらの航海。後に陸に上がり縁あって酒席に迎えた今日の一番艦准海尉のKさんとは偶然にも大貫金吾さんの富士山500回記念登山の当日に本人も宝永山荘に居合わせたということで二人の奇遇に話が盛り上がり楽しいひと時だった。

2007年9月22日(土)
横須賀マリンフェスタ 一日目

 横須賀市市制100周年記念 横須賀マリンフェスタ‘07。別々に頂戴したチケットで奇しくも二日とも同じ護衛艦「はたかぜ」に乗艦。今日は一日目で天気は快晴。演習場までの時間、音楽隊のセッションで艦上にいることを忘れる。

2007年9月20日(木)
健康
 四月初旬右足親指の巻爪が悪化。化膿して靴が履けずにいたところ以前からあった背中の痛みが増し整形外科を受診。レントゲン、CT、MRIで検査するも原因分からず結局医者曰く「老化でしょう」と・・・!何の処方もないまま痛みに耐える日々のある日突然右脇腹から下腹部にかけての激痛で七転八倒。救急車か自力で医者かと迷う程の痛みだったが盲腸よりも尿管結石と自己診断し近所の内科医に飛び込み痛み止め2本でようやく痛みが治まった。ところが点滴の針を幾度も刺し直しをされ右腕は穴だらけで痛いことこの上ない。注射が下手との噂は真実だったと合点しもう2度と来るまいと誓って翌日総合病院の泌尿器科を受診。造影検査で七ミリほどの結石が見つかり(結石は一ヶ月後の8月1日に自然排出)原因がわかってひと安心も束の間、診察の際の直腸診で「しっかりとした種瘤がありますね。」と言う。後日内視鏡検査で検体をとり悪性ではないとわかり後のMRIで直径15ミリの筋腫が丸く鮮明に写っていて今後定期的にMRI検査をすることとなった。もし筋腫が大きくなり体に悪影響が出た場合手術になるが人工肛門確実と言われ歳をとってから下の世話をされずに済むかと変な諦めをしているところに今度は心臓に変調が起きた。鼓動が乱れて少し息苦しいのだ。脈をとってみると明らかに不整脈の症状で今にも停まるのではないかと心配になり循環器科を専門とする内科医院へ行きホルター心電図(24時間記録)を付けて検査を行うと一万ビートの内1669ビートの不整脈。それでも心電図の波形をみるかぎりでは心配するほどではないとの診断でほっとするが治療もせず薬もいらないとのこと。念には念を入れて総合病院の循環器科を受診したが後日のエコー検査の結果と先のホルター心電図を診て緊急を要する心臓疾患はないとの診断。そして今日泌尿器科で結石の成分分析の結果(蓚酸カルシウム)を聞いて一連の健康不安は一段落することとなった。11月には一部バレット化している食道の病変部の内視鏡検査とMRIによる直腸の検査を受けることになっているが整形外科、泌尿器科、消化器内科、循環器科と相次ぐ受診と検査で少し疲れ気味。この時期に毎年登る富士山も今年からはもう登れないかと思うと残念でならない。
2007年9月11日(火)
アルプ
 「アルプ」は串田孫一氏、尾崎喜八氏が中心となって1958年に創刊され1983年までの25年間発刊され300号をもって終刊した山の文芸誌だ。高校山岳部時代にどちらかと言えば一人静かな山歩きを好んだ私にとって心の琴線に触れる月刊誌であって私の登山には常に串田文学の世界が共にあった。

その串田孫一氏が平成17年7月8日に亡くなり翌々日の葬儀に参列した。そこで焼香の最前列で「八ヶ岳挽歌」の山口耀久氏の弔辞を聴いた。友を送る悲しみに肩を震わせた氏の後姿を今でも鮮明に覚えているがあれから2年の三回忌を前にその氏が編集者の一人となってアルプの番外特集号として発刊されたのがこの『「アルプ」特集 串田孫一』だ。来年2月には終刊から25年を迎えるがこの番外の「0号」をもって「アルプ」は本当の完結を迎えるのかも知れない。

2007年9月6日(木)
クララを夢見て

echappe

passe

saute

attitude

2007年8月29日(水)
第22回武蔵野シティバレエ定期公演パンフレット
 良い経験になればと本人の希望で受けさせたオーディションにまさかの合格。出来上がった公演のパンフレットに娘の名前が載っていることが信じられない。才能が有る無いは別にして好きでたまらないバレエの夢をひとつ叶えた娘に拍手を送る。
2007年8月22日(水)
会津若松へ

鶴ヶ城

城を望む百虎の像

近藤勇の墓

大内宿

 神秘の洞窟あぶくま洞から猪苗代の野口英世記念館を経て会津藩士の誇り名城鶴ヶ城へ。芦の牧温泉に一泊し翌日白虎隊自刃の地、飯盛山と近藤勇の墓を訪れ近代日本の礎となった武人たちの足跡を追う。大内宿で古の町並みに心癒され、塔のへつりで自然の造形に感嘆する。

2007年6月15日(金)
パッソ

交通安全祈祷殿

 我が家にトヨタのパッソがやって来た。
ダイハツのミラを2台乗継ぎ前車の日産キューブに続いて4台目の自家用車になる。買い物や家族の送迎に休むことなく働き続けたキューブであったが、ガソリン高騰の折に燃費と安全性を考慮に買い替えることになった。そして今日パッソが納車になった。今日は大安吉日。いつものように高尾山で交通安全祈願を受け、今日からまた家族の足として永い付き合いが始まる。

2007年6月1日(金)
ミネラルフェア

 今年のミネラルフェアは20周年記念ということもありオパールの特別展と共に公式ガイドブックには18ページに亘ってオパール特集が組まれている。また今回はガイドブックの表紙が実にいい。土汚れた手に握られた今掘り出されたばかりのオパール原石が蛋白石特有の透明感の中に遊色を放っている写真で実に美しい。初日の今日が金曜日なので小中高の学生は居ないのだが開場して一時間もたたないのに既に狭い通路を移動することも大変な混雑ぶり。明日からは学生も加わってすし詰め状態となるだろう。会場には国内69社、海外76社、計145社の出展がありこれほど盛況なのだから開催会場の変更も考えて欲しいと思う。